なぜ輸入ビジネスを選択するのか?

インターネットを利用した物販の業界はここ数年でものすごい進化しました。昔はそれこそヤフオクしかなかったのですが、今ではAmazonからはじまり、楽天市場、Yahooショッピング、DeNA(旧ビッターズ)、ポンパレモール、BUYMA、メルカリと盛りだくさんです。その他にも最近の円安も手伝って、輸出という方法もあります。

その中でどうして輸入ビジネスを選択するのか?ということになるのですが、これ結構新規参入者に聞かれます。今から始めたいんですが、輸入がいいですか?輸出がいいですか?のような質問ですね。

 

おすすめは国内を販路に輸入ビジネス

初心者に限った場合ですが、水嶋であれば輸入ビジネスをオススメします。輸入ビジネスいいと思いますよ。水嶋の会社はメインが輸入だからというのもありますが、欧米の型番商品から始まり、OEM商品まで幅が広いです。

 

輸出と輸入を同時にやるのはダメだと思います。やっている人はいるんですが、基本的に輸入と輸出のリソースって共有できないんですよね。ビジネスの基本に、事業を拡大する時は、既存事業のリソースを活かせること。

 

というものがります。輸出と輸入だと、販売スキルも違いますし、輸送の為の手段も違ってしまいますので、全く別の事業になるわけです。水嶋も昔やってましたが、あまり儲からないので辞めてしまいました。

 

 

円安だからこそチャンス

理由はいくつかあります。

売りやすい

日本にいるなら日本で販売するのが、税務的にも、輸送経路的にも選択肢が広くて始めやすいです。顧客対応も日本語なんで、外国語よりはいいんじゃないでしょうか。

 

参入者が少ない

今は円安です。おかげさまでほとんどの素人参入者は輸出に流れてくれています。国内転売も熱い感じなってきて、教材なんかもバンバン売れているようですね。おかげさまで輸入は参入者が少ないので助かります。

 

日本でも結構販路がある

冒頭で紹介した通りですが、Amazonの他にも、楽天市場、Yahooショッピング、DeNA(旧ビッターズ)、ポンパレモール、BUYMA、メルカリと盛りだくさんです。自社サイトという方法や、OEM商品であれば卸ということもありでしょう。

 

販路は盛りだくさんなので、水嶋の場合とりあえず、輸出をやる意味がみつかりません。もともと輸入から入ったということもありますが。

 

販路が決まれば仕入先を探すだけ

なにも輸入ビジネスだ!といって輸入品だけ取り扱う必要もないと思います。最近は国内転売なんても言われていますが、転売と言わず、普通に問屋さん調べて電話で営業してみて、仕入れさせてもらったらどうでしょう?利幅は低い傾向にありますが儲かる商品もあります。

 

輸入品で、輸入で相当しんどい思いをしているのに薄利多売するくらいなら、国内の業者さん探しに奔走した方が良いんじゃないかと思いますね。

 

日本の製品は基本的に品質が良いので、全くと言っていいほどクレームがありません。なんなら、国内のメーカーに問い合わせてもらうだけです。それだったら薄利でもやっていけます。

 

 

入り口が輸入ビジネスというのは正解

ということで、初心者の方が最初に取り組まれる場合は輸入ビジネスをお勧めしています。仕入れる商品さえ探せば売り方は自由です。

 

もちろん、同様の理由で参入される方もいらっしゃいますので、楽ではありませんが、スキルは向上します。結局のところ商品を売るというのは、エンドユーザーが何を考えて購入してるかを知ることがキモになるわけなので、水嶋はそっちの勉強をしたいですね。

 

どこでも売ってる家電を、もの凄い量捌くことができるジャパネット高田が素晴らしいと思っています。

 

 

 

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA