輸入ビジネスで法人を設立するべきタイミング

いつ法人を設立しよう?とお考えであれば、すでにそこそこの収益を上げているのでしょう。おめでとうございます。では、どのタイミングで法人設立を行うのか?

タイミングは二つだけ

法人の設立には明確な意味がなければいけません。場合によっては法人じゃない方が良い時もあります。法人設立のタイミングはじつは二つだけでそんなに多くありません。一つ目は、個人事業の開始から2年目のタイミングです。

 

事業者は基本的に消費税の納税義務がありますが、個人事業でも法人でも最初に2年間は消費税の支払いを免除されています。3年目から発生するので、このタイミングで法人を設立すると最大で4年間消費税の納税義務が免除されます。

 

事業開始当初に設立する

もう一つは、事業開始当初に設立するというものです。儲からないかもしれないので、そうしたら結構リスクですよね。でもこれにも明確なメリットがあります。

 

もちろんデメリットもあって、多少お金を必要とする事です。だいたい20万円くらいかかります。事業開始当初は資金が少ない事もありますから、20万円だって大切です。

 

水嶋の場合は30万円の資金から始めましたから、最初に20万使って法人作れ!と言われたら、たぶんそいつの事は蹴っ飛ばしてます笑

 

 

各種手続きの簡略化

法人をはじめの段階で作ると、個人事業から法人への引き継ぎという作業がなくなります。これにより、消費税の支払いは2年も早まりますが、下手をするとそれを入れもお釣りがくるくらい、この引き継ぎというのが面倒です。

 

最初の段階で、勝手が分からずに色々やると、銀行口座も沢山作ったり、あっちこっちにカードをつくったり、もう何がなんだかわからなくなります。

 

引き継ぎをしようとしても、個人の名義から法人へは出来ないものあったりして、せっかく法人になったのに、そのまま個人名義での支払いも残ってしまったりします。性格にもよると思いますが、水嶋は結構嫌です。

 

 

資金繰りの為の「融資」を視野に入れる

つまり銀行ですね。銀行は基本的に、決算何期目か?というのが結構重要な指標になっているようで、消費税の支払い義務がない2年目までの事業者は「初心者」的な扱いになります。

 

もちろん個人でも融資は受けられますし、銀行は個人事業主の顧客も多い為、法人か個人だけで判断はしません。法人であるが、実態は個人事業の規模な会社だって多いのです。法人設立のメリットは、究極的には「信用」と「節税」の2点に集約します。

 

 

イグジット(EXIT)を視野に入れる

本当は最初に考えないといけない事なのですが、最近になってイグジットを考えるようになりました。出口戦略というものですね。

 

会社のイグジットは下記の4つしかありません。

  1. 継承
  2. 売却
  3. 上場
  4. 清算

輸入ビジネスでも上場は出来ますが、あまりメリットはないように感じます。よって上場以外の選択肢を考えるのですが、濃厚なのは継承か売却になります。

 

もともと継承を考えていたのですが、最近は売却を視野に入れるようになりました。どちらの場合でも口座や支払方法にはじまり、販売手法、取扱い商品に至るまで、なるべく簡略化した方がいいのです。

 

 

創業時か2年後のどちらか

といことで、もしも法人設立のタイミングにお悩みでしたら、創業時か2年後のどちらかにする事をおすすめします。とはいえ、私はあまり頭が良くないので、創業時にそういわれても2年後を選択したと思います。

 

あなたならいつ法人を設立しますか?

 

 

 

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA