輸入ビジネスは全くお金が増えないのはなぜか

輸入ビジネス始めました!めっちゃもうかります!今月も黒字です!月収50万超えました!月収100面超えました!ん?・・・・・・・・金がねぇ!

輸入ビジネスは金(キャッシュ)がなくなる?

さて、めっちゃ儲かる輸入ビジネスですが、金がなくなるのはなぜでしょうか?え?マジすか?輸入ビジネスって金がなくなるんですか?儲からないじゃないですか!とまぁ色々言われそうですが冷静に計算すればわかります。

 

そもそもスタートアップというのは金が増えません。特に在庫を持つビジネスというのは、金がなくなりやすいのです。金とはつまり「キャッシュ」のことです。現金ですね。ゲンナマです。

 

わかりやすく1商品で計算してみる

5千円で買って1万円で売って5千円儲かったとしましょう。ROIは50%です。在庫を3個持った場合、現金はマイナス1万5千円です。

 

一個売って、5千円儲かったとしても、キャッシュはマイナス5千円です。売れた入金は1万円ですからね。3個在庫してたんで (−15000)+10000=(−5000) です。

 

結局の所、この規模が大きくなってくると、把握もしづらくなってくるので、意味が分からずとにかくキャッシュがない!という状況になります。

 

ROIが低いともっと時間がかかる

この計算はROIが50%と高かった場合で、かつ手数料やその他のコストを視野に入れてませんから、実際のビジネスではもっと苦戦するのが普通です。

 

ROIや粗利率が低いビジネスをすると、現金の回収に時間がかかってしまいますので、結果としてキャッシュが減っていき、資金繰りで困る事になります。

 

 

改善する方法もある

改善する方法は何通りかあります。

  • そもそも在庫しない
  • 出金よりも入金を先にする
  • 支払いが発生する前に全て回収する
  • ROIや粗利率の高い商品を扱う
  • 資金を調達する

 

そもそも在庫しない・出金よりも入金を先にする

在庫しないとか、入出金を逆にするのは、無在庫ビジネスというのが、具体的な手段ですね。予約注文という方法もあります。とにかくなんとかして順序を逆にするんです。

 

支払いが発生する前に全て回収する

支払いが発生する前に全て回収するというのは、初心者のうちは、また中級者以上でも非常に大切な事かと思っています。不良在庫を持たないという事です。

 

ROIや粗利率の高い商品を扱う

粗利率を改善するというは一番具体的で代表的かもしれません。まとめて発送する事で輸送費を圧縮したり、仕入原価を下げる事で粗利率は向上します。OEMという手法もあります。

 

資金を調達する

キャッシュが減ったときに資金を調達する、つまり融資というのも立派な改善方法です。ただ事業の成長とともに際限なく融資が必要になるので、これもこれでどうかなと言った感じです。

 

 

結局どれをやったら良いのか?

全部です。というか全部やろうともって出来るはずなので、二者択一論ではなく、全部いいとこ取りが良いと思います。大事なのは扱わない商品を決める事ですね。

 

儲かってくると資金もそこそこ増えてきたりするので、ちょっと自身がついて、いろいろな商品に手を出す人も多いんじゃないかと思います。水嶋はまさにそれ。

 

あっちこっち手を出していると、最終的に在庫に潰されてしまいますので、在庫するなら粗利の高い商品、粗利が薄いなら在庫しない。という感じでいいとこ取りしたら資金は増えますね。

 

あなたのキャッシュは潤沢ですか?

 

 

 

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA