SKUの効果的な管理方法

Amazonでは商品を管理する為の識別番号を「SKU」と呼称します。楽天では「管理番号」です。この番号ですが、基本的にアルファベットと数字で作るのですが、何を指定したら良いのか良くわからない人が多いようです。

そもそも管理してないからどうしたら良いのかわからない

アマゾンのセラーセントラル画面で商品を登録する場合、SKUの設定を求められます。商品登録画面では「出品者 SKU を入力」「出品者SKU」等という項目があり、注意書きで(各商品の個別の識別子。SKUを入力しない場合、自動的に作成します。)と記載されています。大抵の場合は意識的に設定せず自動設定にしているのではないでしょうか?

 

結論からいうと、その行為は非常にもったいない。と言わざるを得ません。そもそも、SKUとはなんですか?という方が非常に多く、また勘違いして活用方法を間違えている方も多いので、具体的な意味とその活用方法、応用方法などを記事にしておきたいと思います。

 

 

SKUはとても重要は「キーコード」です

SKUとは、簡単にいうと種類という意味です。通常、物販の世界では同じ商品で、カラーバリエーションやサイズ違いなどがある場合に利用される単語になります。

 

システムの世界では、商品分類という形で活用されます。その活用方法は数種類ありますが、基本的な構造は同じものになります。セラーセントラルではこのシステム的な活用方法を求められます。

 

SKUを決める際は通常、親番と子番に別けて番号を振り分けます。方法はたくさんあると思いますが、代表的な方法は下記のように番号で振り分ける方法です。

 

01-01
01-02
01-03
01-04

02-01
02-02
02-03

 

前方を親番、後方を子番として振り分ける方法です。これは一部上場企業でも採用される単純明快でオーソドックスな振り分け方法です。しかし個人でセラーセントラルを利用している場合にはポテンシャルが高すぎて使いにくいかもしれません。

 

水嶋はアルファベットと番号で使い分けます。

A0001
A0002
A0003

B0001
B0002
B0003

 

 

アルファベットを親番にし、番号を子番で活用します。例えばアルファベットには仕入れのルートや仕入先などを指定します。

 

Aであれば北米、Bであればヨーロッパ、Cであれば中国などです。カテゴリーで振り分けるのも良いでしょう。販売形態で有在庫と無在庫を振り分けるのも良いと思います。

 

仕入先毎にアルファベットを振るのも良いかもしれません。水嶋は最近は仕入先毎に割り振る事にしました。まぁ混在していても大丈夫だと思います。

 

検索して集計する事ができるので便利

不調になった時や好調な時の詳細分析をする際に、無在庫と有在庫を分けて集計できるのは非常に強力で有効です。クロス集計といいます。

 

セラーセントラルの場合は、商品毎に番号を振らなければなりませんので、子番には登録順で番号を振っています。連番といいます。

 

親番と子番の関係を無視し、仕入れ日や原価などの意味を持たせて振る方がいますが、この方法では最終的なクロス集計ができず、有効的とは言えません。

 

 

継続仕入れはしないパーフェクト転売ヤーには無関係です

中古品等を取り扱うセドリではこの限りではなく、日付を入力するのが有効な場合があります。それは商品が基本的に単発、一点ものであり、リピート仕入れが起こり得ないからです。

 

そのため中古品を主として取り扱う場合には全く属性の違うノウハウが必要であり、私はこの方法には詳しくありません。あくまで継続的に仕入れる事を念頭に置いています。

 

 

登録は面倒でも最終的に労力は減ります

登録が面倒だな。と思われる方もいるかもしれませんが、規模が大きくなるほど効果を発揮しますし、リピート仕入れの時にも効果を発揮します。

 

セラーセントラル上で、特定のカテゴリーに属する商品を一覧で表示したい場合には、とても重宝します。リピート仕入れの他にも、在庫の確認なんかでも使えます。

 

 

FBA在庫画面で検索してみる

FBA在庫画面を開きます。
検索窓に(A00)と入力します。

セラーセントラル 検索

 

すると、親番Aにカテゴライズした00〜99までの商品のみ表示されます。

 

セラーセントラル 検索2
また、セラーセントラルFBA在庫管理画面では、文字順に並んでますので、そのままでもSKUの順番通りに並んでおり、リピート仕入れをする際には非常に便利です。

 

仕入先毎にアルファベットを振っておけば、その仕入先の商品を一覧できますので、どの商品の在庫を発注したいのか?すぐにわかって便利です。

 

SKUのアルファベットは小文字の方が良い

これは楽天に出店してからわかったのですが、楽天の管理番号はアルファベットは小文字だけです。よって、AmazonのSKUも最初から小文字にしておけば良かったと思ったしだいです。

 

Amazonでは小文字のSKUと大文字のSKUを区別してしまうので、Amazonは大文字、楽天は小文字だと、後からちょっと面倒なのです。いまから作る方は小文字が良いと思います。

 

あなたのSKUは意図的にナンバリングされてますか?

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA