Amazon広告・キャンペーンマネージャーの設定方法「オートターゲティング」

Amazonの広告である「キャンペーンマネージャー」は非常に使いやすく、効果の測定も簡単なのでとてもおすすめです。今回は水嶋が実際にどのように設定して運用しているのかを記事にしていきたいと思います。

まず一番始めに作るのは「オートターゲティング」です。オートターゲティングでキーワードを収集して、集まった良質なキーワードをマニュアル設定で広告します。

 

オートターゲティング・キャンペーンの作成方法

1・まずはキャンペーンの作成をクリックしましょう。

キャンペーンの作成

 

2・キャンペーンの予算と期間を設定

オートターゲティングの設定

 

  1. キャンペーン名は「キーワード収集」としています目的なので。
  2. 1日の平均予算はとりあえず5000円。これで足りなければ後で追加します。少ないのはダメです。
  3. 終了日は未定としておけば継続的に続けられます。
  4. ターゲティングの種類を「オートターゲティング」とします
  5. 「次に進む」ボタンをクリックします

 

3・この広告グループの名前

広告グループの設定方法

  1. 広告グループ名は登録する商品のSKUにしてください。
  2. 入札額は10円〜20円。水嶋は20円にしています。強いキーワードだと20円以上するので。ここはデータを取る所なのでケチらない方がいいです。
  3. 商品を検索して「選択」をクリックしてリストに加えます。一つの広告グループに一つの商品までです。バリエーションがある時だけ、バリエーションも含みます。
  4. リストに加わるとここに表示されます。
  5. 「保存し終了」ボタンをクリックして終了

 

4・作成されました

完了画面

新規にグループが追加されます。広告グループを追加していきます。作成した「キャンペーン名」をクリックして広告グループ作成画面に進みます。

 

5・広告グループの作成

広告グループを追加していく

 

6・広告グループ名を作成して、商品を追加します。

広告グループの設定方法

 

7・商品SKU毎の広告グループをどんどん作る

5と6を繰り返して、商品SKU毎の広告グループをどんどん作っていきます。広告を打っていきたい商品は全てこの段階で登録します。追加曝れれると列が増えます。

どんどん追加する

 

おわり

とりあえず、オートターゲティングの設定はコレだけです。やり方自体はかなり簡単ですが、もしも水嶋と同じ計測方法やACoSの基準値を設定するのであれば、一つの広告グループに一つの商品と守って登録する事をおすすめします。

 

あとは一週間ほど待つと、良いも悪いもキーワードが上がってきますので上がってきますのでそれをマニュアルターゲティングしていくだけです。

 

マニュアルターゲティングで最初から、それっぽいキーワードを選定する事も出来きます。結構不発が多くて大変ですが、結果を急ぐのであればそれも一つの方法かもしれません。

 

 

なんで「一つの広告グループに一つの商品」なのか?

まぁ水嶋のやり方なので、必ずしも正解ではないですが(というかもっと効率がいい方法があるならぜひ勉強したい・・・)一つの商品につき、一つの属性の商品ということなんですね。

 

キーワードと表示される商品の組み合わせがキモになるわけで、同じキーワードでも商品が違えば成約率は変わるので、なんでもごちゃ混ぜにしてもいいわけではないのです。

 

型番商品で全部の商品に広告を打つ事も出来なくはないんですが、Amazonの広告はCSVでの高校出稿が出来ないので、あまり効率的ではないと思います。なんで、とりあえず商品絞ってやってきましょう。

 

 

水嶋もAmazonの広告はやり始めたばかりでこれからです。

効率いい方法あればぜひ教えて下さい。

 

 

 

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA