ブルーオーシャン戦略

言わずもがな知れた「ブルーオーシャン戦略」誰しもが憧れ、夢見るブルーオーシャン。そして大勢が使っているレッドーオーシャン。Amazonでレッドオーシャンにまみれて脱落。。。ブルーオーシャンを求めて冒険し、そして挫折。。。この広い海でブルーオーシャンを開拓する為にはいったいどのような戦略が必要でしょうか?

Amazonでブルーオーシャン戦略

といってもですね。そこまで大層な戦略とか必要ですか?っていつも思う訳なんですよね。そんな机上の空論ね。大抵こういった事を声高に叫ぶ人たちはビジネスマンじゃない。という確率が高い様にも思います。

 

具体的にAmazonの場合はどうすれば良いのか?ということなんですが、やりかたは、現在登録されていない商品を新規登録するだけ。実は超簡単です。問題はその商品に需要があるか、ないかの一点だけです。

 

需要があるかないかというのはAmazonに登録してみないと分からない

Amazonで需要があるかないか、というのはAmazonに登録してみないと分からないじゃ無いかと思います。聞く所によると、ネットショップで売れたからってAmazonで売れるか?と言われると答えはNOなんだそうです。(T.S氏の体験談)

 

ただし、まったく売れた試しが無い物を初回から在庫を持って販売するのは非常にリスキーですよね。ですので、無在庫で登録だけして販売を行います。

 

 

やるならちゃんとやる

無在庫で販売する場合受注から発送までのタイムラグがあり、その時点で非常に不利です。ですので、最低でも商品説明分や、商品名くらいは適切な記入をするべきと思います。

 

ここをおろそかにすると売れる物も売れません。たまに英語をそのままコピペで貼ったページを見かけますが、アレは酷いですね。それ読めれば自分で輸入します。

 

 

初回登録したセラーだけが得られる情報

非常に地道で、無駄になる確率の高い作業ですんで、外注するも有りかと思います。ただ、ここで売れている事が分かると、その情報を持っているのは登録した販売者だけになりますのでアドパンテージがでかいです。

 

売れると分かれば、後は仕入れて在庫を持って徹底的に売るだけです。無在庫でも売れる(発送期間が長くても売れる)商品は在庫有りなら確実に売れます。

  1. リサーチ
  2. 新規登録
  3. 無在庫販売
  4. FBA在庫販売

の順番で繋げて行くのが良いと思います。

 

Amazonでは新規出品するセラーが少ない

楽天とかネットショップにいけば、自分で登録するなんて当たり前なんですが、Amazonのセラーは相乗り出品がポピュラーですよね。

 

自社で登録したデータだったら、リサーチ用のツールとかを導入してどれが売れるかいちいち見なくても済むうえに、データが100%正確なので私は無在庫の方が好きですねぇ。

 

在庫を調べるツールって、結局売れてる販売ページを見つけて、その商品に相乗り出品するのが目的ですよね?自分からレッドオーシャンに突っ込んでるんで、正気の沙汰ではないな。。と思いますね。

 

 

あなたなら青い海と赤い海のどちらを選択しますか?

 

 

 

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA