運送会社は何処と契約すれば安いのか?

輸入ビジネスの開始当初は、商品を売る事以外にもやる事が盛りだくさんです。水嶋も最初は勝手がわからず、ポストパケットなんかでiPhoneケースを一個一個売っていた事があります。ネットを活用して物販をする以上、通販ですから、商品をエンドユーザーに届けるために、「発送」という行程を踏む必要があり、どこかの運送会社を必ず使う必要があります。

 

どこが安いのか?

日本郵便だと思います。もちろん送料は相見積もりで多少上下しますから、基本的には契約時に各社の価格を相見積もりする必要があります。が、それでも日本郵便だと思います。

 

西濃運輸も安いのですが、西濃運輸という会社は、全国的にも品質が悪い傾向にあり、お客さんでも「西濃運輸はダメ!」と強く希望される方もいらっしゃいます。営業所によります。

 

 

まずは各社相見積もり

全国行脚したわけではないので、もしかしたら日本郵便よりも安い所もあるかもしれません。といっても、結局、ヤマト、佐川、日本郵便、西濃運輸くらいしかないので、すぐ終わります。

 

ヤマトと佐川は最近は値段を下げて熱心に契約を穫るという事をやめたようです。経営体質を変えていこうという動きがあるようですが、これも営業所によります。

 

まずは見積もりをもらって、その地域の相場を確認してみて下さい。運送会社は地域毎に営業所があって、価格の決定権は営業所の担当が持っていますので、地域と担当者で変わるのです。

 

 

イプシロンゆうパックという選択肢

本当に知っているか知らないだけかの話しになるのですが誰でも契約できるイプシロンのゆうパック運賃が激安です。うちの地域の日本郵便の営業所より安いという事態で担当も困った笑

 

 

イプシロンゆうパック特約運賃

関東

 

画像は関東発のイプシロンゆうパックの配送料金です。地域別に運賃表がありますので、ぜひ現在使っている運送会社さんの見積もりを比べてみて下さい。かなり安いと思います。

 

 

イプシロンゆうパックって何ですか?

カラーミーショップという、自社サイトを作成するのではかなりポピュラーのカートシステムがありますが、イプシロンとはカラーミーの決済の部分を担当する会社です。

 

カラーミーショップでサイトを作成した会社、もしくは個人は、サイトの制作と同時に、イプシロンの提携配送会社と契約をする事が出来ます。カラーミーは最低で1000円くらいから契約できます。

 

つまり、本当に誰でも契約できるんです。安いのに。はじめは誰でも契約できてこの値段なんだから、担当さんもっと頑張ってよ!と思ったんですが、超安いらしいです。

 

 

カンガルー便も契約できる

イプシロンでは、ゆうパックの他にカンガルー便も契約が出来ます。そう、西濃運輸です。値段が全国一で600円。めちゃ安い。そのかわりサイズ規定があります。

 

商品特性や、工夫次第では、ゆうパックよりも安くなる事もあるでしょう。がしかし、どうにもサービスの悪さが目立ちますので、その点で注意が必要です。クレームにはなりやすいかもしれません。

イプシロンカンガルー便特約運賃

 

 

eコンビニの特約運賃も安い

オークションの一括管理サービスの老舗で「eコンビニ」というサービスがあります。複数のオークションサイトで出品しているセラーにはかなり好評なシステムです。

 

水嶋も一時期お世話になっていた事があるので、この特約運賃の事を知ったのですが、最低価格が490円でかなり安いです。39配送サービスと言います。昔は390円でもっと安かったんですよね。値上げされて昔よりもインパクトがなくなりました。

39配

 

西濃運輸には要注意

西濃運輸ですが、実は39配送サービスを利用したくて、契約を行おうとした事があります。eコンビニさんでは本部と契約しているので、本部から連絡があって、営業所の担当がくる。っていう順番のようです。

 

ところが、待てど暮らせど西濃の担当は来ない。何度もeコンビニさんに電話しました。「おかしなぁ」となるわけですね。三回目くらいでやっとのこと担当が来たんですが、一通りヒアリングして、その後は音信不通・・・

 

うそやろ?

 

そんなバカな!と営業所に電話するんですが、営業所は電話に出ないんですよ爆。絶対に出ない。何回電話しても出ない!こんな事もあるんだなぁと、本当にビックリしました。

 

理由は色々あるんですが、ネットで検索するとバンバン出てきます。問題はこの対応をお客様にされると非常に困るという事なんですね。恐ろしくて使えません。

 

 

結局イプシロンゆうパックに落ち着く

佐川やヤマトの見積もりは目玉が飛び出るほど高くて、西濃運輸は対応が恐ろしくて使えないとなるので、結局日本郵便に落ち着くわけですね。しかもイプシロンなら激安。

 

日本郵便は、今後Eコマース事業が成長する事を見込んで、ECサイトの部門に食い込んでいきたいという目標があるようです。そのため激安なんですね。

 

日本郵便ではゆうパケットというサービスが開始されたり、通販事業者向けのワンストップソリューションが開始されたりで、今後は我々のような零細企業の強い見方になるような気がしています。

 

あなたならどの会社を選択しますか?

 

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA