Amazon広告・キャンペーンマネージャーの設定方法「マニュアルターゲティング」

Amazonの広告には、キーワードを自動で収集して最適してくれる「オートターゲティング」と手動でキーワードを個別に登録する「マニュアルターゲティング」の2種類があります。マニュアルターゲティングでは、出稿したいキーワードだけを絞って広告を出せますので、より効果的な広告を出稿する事が可能ですが、細かい修正が必要になります。まずはマニュアルターゲティングの基本的な設定方法です。

 

具体的なマニュアルターゲティングのキャンペーンの作成方法

キャンペーンの作成

キャンペーン

キャンペーンの作成をクリックして新規にキャンペーンを作成します。

 

キャンペーンの予算と期間を設定

マニュアル

  1. キャンペーン名を作ります。登録したい商品のSKUを使います。
  2. 1日の平均予算は1000円としてください。(安心して下さい。そんなに消費しないです)
  3. マニュアルターゲティングを選択します。
  4. 次のステップに進みます。

 

広告グループの作成

グループ名

  1. 登録したい商品のSKUを入力します。
  2. 商品を検索して選択をクリックします。
  3. 登録された商品が表示されます。

 

キーワードを登録する

キーワード設定

  1. 入札額を入力します。初期では10円が良いです。キーワード別に後で変更します。
  2. とりあえず全部入れたら良いです。全てを選択して全部入れます。
  3. その他にも自分で入れたいキーワードがあれば入れておきます。
  4. 保存して終了をクリックします。

 

キーワード毎の反応をチェックする

ここまででマニュアルターゲティングの設定は完了です。キーワードの反応は、時間がたたないとわかりませんので、とは反応があるまで放置です。

 

どのくらいでチェックするか何ですが、水嶋の場合は1週間でチェック修正しています。並行してオートターゲティングも設定しており、キーワードの収集はオートターゲティングが行ってくれます。

 

オートターゲティングは、見込みのあるキーワードをAmazonが勝手に選定して試してくれる機能です。キーワード毎の反応がわかるので、オートターゲティングで実績のあるキーワードを随時マニュアルターゲティングに追加していく作戦です。

 

 

あなたはどんな戦略でAmazon広告を運用していますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA