輸入ビジネスの節税方法

輸入ビジネスは儲かります。同時に税金も多分に必要になります。皆さん気が早いので、輸入ビジネス月利50万くらい儲かり始めると「節税」という事を意識するようになってくるのではないでしょうか?

このコンテンツは、そんな輸入ビジネス経営者のための、節税に関するノウハウを具体的に説明させて頂きます。ちなみに、私は税理士ではありませんので、税務に関するアドバイスは出来ません。あくまで自身で経験した体験を記事にしています。実際に実行する場合は、税理士に相談して下さい。

 

節税の考え方と必要性

節税とは結局なんなのか

輸入ビジネスに限らず、ビジネスでは税金が発生し、納税する義務があります。そもそも税金とは高いです。利益の3割も持っていかれますので、そりゃあ破壊的です。しかし我々は納税する義務があるのです。

節税とは、脱税とは違いますので「本来あるべき姿に近づける努力」といった方が適切です。合法とか脱法とか、そういった概念を捨て、出来る事はやる。ですね。節税も立派な営業努力です。

お金を使う節税と、お金を使わない節税

節税には2種類あります。一つはお金を使わない節税、もう一つはお金を使う節税です。お金を使わない節税は、現時点で発生している経費が対象になり、とても健全だと思います。お金を使う節税というのは、「税金を払うくらいなら使ってしまえ」という思想のもと実行される節税方法です。

輸入ビジネスでは節税しないほうが良い

輸入ビジネスは、非常にお金が必要になるビジネスです。無在庫のような特殊な場合もありますが、基本的に物販はお金が必要です。資金繰りが楽だとは言えないでしょう。

どこかで資金調達をする必要があるのにもかかわらず、お金を使う節税をすると、もう本当に何も残りません。どこかのタイミングで破綻しますので気をつけてください。輸入ビジネスでは節税してはいけません。

納税した方がお金が貯まる

不思議なもので、きちんと納税した方がお金が貯まります。というか、よく考えればわかる事なんですが、利益が出ないと税金は発生しないのです。税金が発生するという事は、利益が発生しているんです。

しっかり納税し、会社に資金を貯め、社内留保していくと、資金繰りが改善し、経営がとても楽になります。支払う分の税金は、きちんと別口座に貯めておきましょう。税金貯金です。

 

お金を使わない節税をする

税理士の方から提案がある事は少ない

お金を使わないで節税するというのは、現在の支払いで、控除できるものは、しっかりと控除するという事です。水嶋がやった方法は、税理士の方からするとホピュラーらしいのですが、以外と提案されない方法です。

そもそも税理士ですが、こういった提案はしません。現在顧問の税理士がいる場合は、顧問料でだいたい把握する事が出来ます。月々2万円くらいの費用で済むような税理士は、提案は「絶対に」しません。採算が合わないからです。月々8万円くらいから、こういった提案を積極的にして頂けるようになります。安さ重視で依頼する場合は、自身もある程度税務を学ぶ必要があります。ある意味では「知識」こそが節税の一番の近道です。

おすすめの節税方法

輸入ビジネスでのおすすめ節税方法は「自宅を社宅扱いにする」事と、「旅費規程を作る」事です。どちらもかなりポピュラーではありますが、輸入ビジネスをやっている方というのは、基本的に起業したてで、老獪な経営者から見ると、赤ちゃん見ないなもんなんで、まぁ知らないわけです。僕も知りませんでした。

自宅を社宅扱いにする

法人であり、自宅が賃貸で、事務所を別に借りている場合に実行できます。輸入ビジネスを開始して間もない頃は、自宅開業というのも少なくないと思います。そこそこ儲かってくると、自宅ではもう対応しきれず、事務所を新しく借りるという事になります。こういった場合は、自宅を会社名義で借り換えて、社宅扱いにする事が出来ます。

全額というわけにはいかないのですが、全体の6割から7割くらいを社宅として経費計上できます。このへんは調整具合がわからないので、顧問の税理士相談した方が良いでしょう。税理士によって回答が違います。ちなみに、自宅開業の場合でも、事業スペースを計算して、家賃の何割かを経費計上する事が出来ます。

この方法は、数十万規模で控除できるうえに、一度契約してしまえば、何もしなくてよいので、非常に効率良く節税する事が出来ます。ただし、名義変更となると結構費用が発生しますので、節税できる金額を全部使ってしまう事もあります。水嶋はそうでしたが、2年目から節約できるためやっておきました。はじめに知っておけば良かった・・・。

旅費規程を作る

もう一つ代表的な節税方法は「旅費規程」です。旅費規程というのは、出張した時に、いくら出張代を出すか?という規定です。1日1万とか設定できます。あらかじめ決めておけば、出張のたびに、会社に申請する事が出来ます。輸入ビジネスは情報が命ですから、セミナーや勉強会で出張する事も多いでしょう。こういった時に役立ちます。

税金の事を考えて、役員報酬をかなり少なく設定するという事もあると思いますが、そうすると、ふとしたときにあんまりお金が足りないという事になりかねません。特に出張すると、普段とは違うものを食べたり、ホテルに泊まったりしますので、そこそこ出費します。こういった時のために作っておくと良いです。

ただし、問題もありまして、基本的にはお金を使う節税方法なので、乱用すると利益を圧迫します。紙一重なので、贅沢をするために旅費を受け取るのではなく、あくまで仕事の範囲内で使う事をおすすめします。本末転倒になりますので。

ちなみに、旅費は非課税ですので、受取っても所得税から控除できます。

 

まとめ

ということで、節税についてでしたが、最終的には「節税しない」が解決方法です。輸入ビジネスでは資金が必要です。融資を受けているのであれば「お金を使う節税」は極力避けましょう。資金を圧迫します。

輸入ビジネスは儲かりますが、キャッシュがガンガン増えるビジネスではないんですね。資産が増えます。キャッシュが増える場合は、粗利率が高い商品だけを取り扱っており、かつ入金のサイクルが早い場合だけです。この場合基本的に融資が必要になる事もありません。

輸入ビジネスでは節税せずに頑張って納税しましょう。

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA