トーキョーインターナショナルギフトショー(展示会)の出展のために見積もりとった所いろいろ

トーキョーインターナショナルギフトショー(展示会)の出展準備もなかなか進んで参りました。情報発信をするような企業様の出展は少ないですから、ネット上にまとめ情報が少ない分野です。今回はトーキョーインターナショナルギフトショー2016春への出展リサーチ情報をまとめます。

リサーチ情報は日々更新しますので、加筆修正していきます。

目次

まずはお店作り!ブースは専門業者さんに作ってもらうのが一番!

ブース制作業者さんの相見積もり結果

株式会社 RAF Tokyo様

1小間制作:10万〜40万円
⇒ http://www.tenjikai-sousyoku.com/jirei.html

非常にレスポンスが遅く、ハッキリ言って嫌でした。見積もりも、当初10万〜という事でしたが、結局きた見積もりは36万・・・。お断りしました。

株式会社ツーピース&アーキテクト様

1小間制作:45万〜80万円
⇒ http://www.twopeace.co.jp/column/cat18/53.php

意味不明なくらい高いです。80万て。一コマですよ?どうやったら80万もかかるんですか?と思いました。

株式会社インサイド

1小間制作:10万~20万

⇒ http://www.inside-infoweb.jp/category/1346414.html

安い。とにかく安い。そして非常に考えられている。

ワンプロモーション株式会社

⇒ http://www.onepro.co.jp/category/1293395.html

見積もりも返信されず・・・

株式会社インサイドに決定した決め手

結局施工業者はインサイドに決定しました。非常に魅力的な価格と、よく考えられたプランに納得です。

株式会社インサイド

1小間制作:10万~20万
⇒ http://www.inside-infoweb.jp/category/1346414.html

来場者はブースな中に入らない

会場は非常に大きく、小さな会社の、小さなブースの一つ一つに入り込んで、中身を見るバイヤーは稀です。つまり、一生懸命ブースの中身を作り込んでも、仲間で入ってくれないのです。通路沿いだけに効果が集中します。実店舗を運営すると、この事が良くわかります。インサイドさんのホームページには下記のように記載されています。

狭い間口にそれほど重要ではない受付カウンターを置いているためにブースの入口は W 1,400 しかありません。あなたが来場者としてこのブース前を通りかかったとして、あなたはこの出展社ブースの中に気軽に入れるでしょうか。このブースの出展製品に余程強い関心を持たない限り、来場者はわざわざこのブースの中まで入ってきてはくれないのです。

展示会事務局の提供するパッケージブース例 【失敗するレイアウト例】

A5ECA5F3A5BFA5EB1-B

通路沿いに露出を集中・デッドスペースは商談スペースに

インサイドさんの図面は、上記のように奥がデッドスペースになる事を懸念していた私の考え方と、全く同義の独自の考えを展開していました。インサイドさんが提供する「A-PLAN」は非常に面白いデザインです。

平面立地デザイン

A5B9A5B3A5B7A5A2

A-CABFCCCCBFDE

角地立地デザインA

A5ABA1BCA5C6A5C3A5AF-400-2 D-CABFCCCCBFDE

角地立地デザインB

A5B3A1BCA5EBA5C8A5EDA1BCA5EB400 C-CABFCCCCBFDE

完璧に奥が死んでいます。でも、もともとデッドスペースなんですよ。誰も見ない、誰も入らない、本来そんなスペースに商品展示するなんて、それこそ正気の沙汰ではないのです。このデザインを見た時は「キタッ!」と思いました。価格も妥当性のあるリーズナブルな価格で、約20万ほどなので、ほぼ即決です。

販売スタッフはオリジナルコスチュームで戦闘力アップ!

オリジナルコスチューム制作業者さん相見積もり結果

ウェアマジック

⇒ http://www.wearmagic.jp/
1枚700円~

株式会社イメージ・マジック

⇒ http://originalprint.jp/store.php/
1枚490円~(印刷代が必要な場合あり)

エドバン株式会社

http://www.edvan-print.com/
1枚540円~(印刷代が必要な場合あり)
デザイン校正無料

ウェアマジックに決定したわけ

オリジナルコスチュームの依頼は、この中では一番高額なウェアマジックに決めました。よく費用を見てみると、量が多ければ安くなる。というのがやはり普通なんですよね。うちは量がとても少なかったので、ウェアマジックでお願いしました。量が少ない場合はリーズナブルです。

展示会ではコスチュームが以外と重要

展示会の説明会でも言われたんですが、出展者なのかバイヤーなのかがすぐわかるように、コーポーレートカラーを用意するのが大切だと言われました。たしかにごった返すと、もう本当によくわからない感じになるんですよ。そういった点では、コーポレートカラーを統一したデザインのブースと、コスチュームはとても効果的です。

展示会の華!イベントコンパニオン!バイヤーに鼻の下を伸ばさせろ!

イベントコンパニオンの派遣会社さんに相見積もり結果

株式会社トータルブレーン

http://www.totalbrain-staff.jp/index.html
1日25000円~

高いが粒ぞろい。出来る事と出来ない事の範囲がとても明確でおすすめです。

株式会社コアプリート・プロモーション

http://evecom.com
1日19000円~

安めです。しかしレスポンス遅い。サービスしますよ〜的な感じでしたが、裏返すと、出来る事と出来ない事の範囲が不明確なので、安心して任せられません。

株式会社クランツ

http://www.cranz.co.jp/

見積もり返事こね〜

コムレディ株式会社

http://www.comlady.jp/

見積もり返事こね〜

株式会社エル・アミティエ

http://l-amitie.co.jp/

見積もり返事こね〜

株式会社トータルブレーンに決定したわけ

出来る事と出来ない事が明確になっている

ここ結構重要でして、頼んでもない事をサービスしますよ〜的な、最初は表面上良い外注さんというのは、結構あっさり裏切るんですよ。「いやそれは出来ません」見たいな感じですね。展示会でそれは避けたい。計画通りにやりたいのです。

タイムスケジュールが決まっている

90分以上の連続稼働がNGといわれ、タイムスケジュールをスプレッドシートで渡されました。これは非常に良いです。こういう休憩時間がバチっと決まっている所じゃないと、サボりまくるんですよ。コンパニオンなんてわがままな女のコですよ?天使みたいな子がくる方が珍しいと思った方が良いです。そうすると、会社ですでにガッチガチに決まっている方が良いんです。個人契約とか怖くて出来ません。

コスチュームの貸出もある

コスチュームも豊富な種類から貸し出してもらえます。価格は17000円。高い!。しかし!服なんてそれぞれサイズも違いますし、半年後にそれが着れるとも限りませんし、劣化して白いコスチュームが黄色くなる可能性もあります。つまり、レンタルが良いんです。

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA