Nint(ニント)を使った売れてる楽天ショップの売上分析結果

楽天は伸び白が半端じゃない、単品通販天国です。何年か物販やってみて思ったんですが、私の場合、キャッシュフローがギリギリの商売は、正直「嫌」でした。収益性が高く、継続的に取り組める仕事じゃないと、今後もっともっと、胃がキリキリしちゃいますので、どうしよっかなぁと考えていた所、Nintってツールの存在を知って、楽天の有名店舗を分析する機会がありました。今回コンテンツはその分析ツールを使った分析結果です。

商品ページ以外は作り込まなくて良いのはなぜ?

商品ページ以外は誰も見ない

TOPページとか、正直誰も見てないんですよね。数字で自店舗見て下さい。楽天の場合はとくにそうでして、TOPページでSEOでもしていない限り、TOPページを踏みません。楽天の場合は、楽天サーチから商品を検索し、そこから流入してきますので、一番最初に訪れるのは「商品ページ」です。そこからショップを見て回る人はかなり少なく、リンクしている他の商品を少しクリックしてくれたら良い方です。普通は買うか、直帰します。ですので注力するべきは商品ページ以外にありません。

単品の売上だけで2000万とか売れちゃう事実

単品だけ売るとか正気の沙汰ではない。それが売れなくなったらどうするんですか?とまぁ色々言われそうなんですが、実際売ってる所は売ってる訳で、そういうところは非常に安定してビジネスしている訳ですね。10億売ってても、カタログ通販のショップは突然潰れたりします。単品でもこのくらいの規模で売れる訳ですから、商品ページに局所集中して単品通販するのも面白いんじゃないですか?ってお話です。

 

中級以上の実力店舗は単品の売上に特化している

今回の記事での初級から上級までの定義

  • Aランク(上級):年商3億以上
  • Bランク(中級):年商1億〜3億くらい
  • Cランク(初級):年商7000万以下

ランク毎に面白い特徴がありまして、Aランクは、全ての商品を平均的にもの凄い数売ってます。まさにモンスター。Cランクも、全ての商品を平均的に売っているのですが、数がとても少ないため、月間の売上も少ないです。問題はBランクで、かなり高確率で、単品通販を成功させているのです。しかも単品の売上が、月商の6割程度を占めるという事が多く、CランクからBランクに昇格するには、「単品通販」がキーになるのです。

リサーチした3店舗の売上規模

店舗別売上高

今回は、とあるカテゴリーの3店舗をリサーチしました。このカテゴリーでは中級クラスのBランクの店舗さんです。ハイブランドではなく、3店舗ともオリジナルブランドを販売しているので、どういう売り方をしているのか知っておきたかったのです。

  • 店舗 ①:月商2700万
  • 店舗 ②:月商1300万
  • 店舗 ③:月商2000万

上位数点のアイテムの比重が大きすぎる事実

リサーチした結果、上位の数商品の売上が、月商の大部分を占めている事がわかる結果でした。このことがわかってから、水嶋の会社では単品通販にフェードシフトする事を決め、カタログ通販も継続はしていますが、今後はOEM単品通販を拡大していこうと決断した訳です。ちなみに、3店舗とも、毎年毎年飽きずに同じものを売ってます。つまり、結構長い事売れるんです。進化が遅いのも物販の良い所です。

 

今回のリサーチに使った分析ツール

Nint (ニント)

楽天のショップ分析、広告分析、商品分析が出来る、総合分析ツールです。WEBツールで、月額料金/年間契約で利用する事が出来ます。ただし、相当高いのでビックリしないで下さい。使うには相当な覚悟がいります。

⇒ Nint (ニント)

 

売上規模・月商2700万の店舗①の場合

主力アイテム

店舗1

上位5位の売上合計

  1. 月商:700万
  2. 月商:230万
  3. 月商:220万
  4. 月商:210万
  5. 月商:180万
  • 合計:1540万
  • 比率:57%

売上規模・月商1300万の店舗②の場合

主力アイテム

店舗3

上位5位の売上合計

  1. 月商:200万
  2. 月商:170万
  3. 月商:140万
  4. 月商:90万
  5. 月商:80万
  • 合計:680万
  • 比率:52%

売上規模・月商2000万の店舗③の場合

主力アイテム

店舗2

上位5位の売上合計

  1. 月商:440万
  2. 月商:260万
  3. 月商:120万
  4. 月商:100万
  5. 月商:60万
  • 合計:980万
  • 比率:49%

 

まとめ

上記5商品が占める、月商との割合が半端じゃないです。この結果を見てどう思うかは人それぞれだと思いますが、水嶋は「楽天ドリームあるなぁ」と思いました。単品通販は資金繰りが良くなるというのは、よく考えればわかる事です。初級から、中級クラスに移行するには単品通販はキーになりますし、今後継続的に仕事をしていく上で、とても参考になる分析結果だったと思います。なお、分析は分析は2015年のものです。

楽天やるなら単品通販ガンバルのがおすすめ

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 成尾 より:

    イベントのお試しで自社のショップを見たら極端に5割程数値が
    かけ離れていたので営業担当者に聞いたのですが、「楽天では減って、
    ヤフーでは増えてしまう」と言われましたが、その逆でした。
    そして参考に競合他社を見せてもいただきましたが、主力が
    3番手で、流通動向とレビュー憶測であるものの1位に
    そんなに他社が仕入れていないものになっており、
    その辺をツッコミすると、他の客に聞かれたくなかったのか
    突き放されちゃったので、なんだかなぁと思えた次第です。

    率直な感想として、本当の数値や、誤差がどれくらいかなんて
    「競合他社さんにしか真実はわからない」のに
    「誤差はほとんど無い」という説明に疑問です。

    「月額4万円で○○件見れます」という説明でしたが、件数に
    制限がある以上自社サイトを監視するユーザーも居ないでしょうし
    どこまで信用できるか疑問です。数値の正確さはいかがでしょうか?

    1. 水嶋 より:

      コメントありがとうございます。
      結論から言うと、数値の正確性をあまり求めない方が良い。という判断です。にもかかわらず、金額が恐ろしく高いので、私は契約に至っていません。そもそも私はたくさんの商品を取り扱うスタイルではありませんから、調査自体年に数回しか行わないのですよね。普通はそうなると思います。この会社はその辺を理解した上でサービスを展開する必要があるでしょうに、「誤差はほとんど無い」という回答からわかるように、あまり真剣には考えていないと思いました。

      1. 成尾 より:

        水嶋様
        お返事ありがとうございます。
        詳細を書かれていらっしゃったので、契約されていると
        勝手に判断しておりました。失礼いたしました。

        私は契約を見送る事にしました。
        正直な感想として、せどりのサーチソフトと変わらない気がします。

        『どうやって非公開情報を収集できているの?技術を盗み聞き
        したいのではなく、非公開なんか収集できるのか疑問なのですが』
        と聞いた際の説明でも「○○ー○※の技術です。勿論これは現在は
        違法じゃない」という言葉も却って顧客に不信感を与えていると思います。
        ※名前を失念しました。

        恐らくプロモーションしていたスタッフの接客や営業能力不足でしょう。
        話し方が「違法じゃない情報は吸い出してよい」的な言い方になっており
        また、自信の表れでしょうけれど「僕の感覚では誤差はほとんど無いですよ」
        的な言い方は逆を返せば私達販売者の欲しいけど倫理的に考えますし、
        自社サイトも勝手に吸い出している。(誤差多いけど)のは不快感でしかない。
        その客の心理もわかっていない気がします。

        しかし、なによりも自社サイトが桁違いに売れていない数値を示し
        同業他社が楽天ヤフーのみのamazon抜きでも想定の5倍近くの
        月商を出しているなど数値には疑義がありました。
        同じ販社から仕入れていますしね…。

        一応こういったケースもあるという事も伝えさせてください。
        稀なケースかも知れませんけれど…。

        1. 水嶋 より:

          コメントありがとうございます。
          私の場合は、無料期間を利用して調査いたしました。事情を説明しましたが、継続的な利用ではないとダメ。ということで折り合いがつかず契約には至らなかったです。

          不信感の部分や、精度の部分ですが、当然私も自社のショップや、知人のショップを吸い上げてみて、精度を確認したわけですが、ピタリと当たっているわけではありませんでした。5割もずれると言う事はありませんでしたが。。。この辺は吸い上げるデータよって上下する部分があるかもしれません。

          データのソースについては致し方ない部分もあるのかと思います。ここはつまり、プログラマーにとっての商売道具ですから、公開できる部分ではありません。ですので、私たちは結果のみにフォーカスすれば良いかと思います。(5割ずれてたら話になりませんが・・)今回聞いたお話だと、私が使った時より精度が悪くなっているのか。。。

          どちらの場合にせよ、ザックリとした規模感がわかれば、調査の目的は果たすので、それで良いのかとも思いました。ただしそうなると、利用料金の部分がフォーカスされるのですが。高いですよねぇ笑

          1. 成尾 より:

            水嶋様

            たびたび申し訳ございません。

            お話をお伺いして私なりに整理が付きました。
            恐らく私のストアは低単価商材で月商が知れてます。
            よくある「送料無料1000円!」とかの商材です。
            高い商材でも2万円程度までです。そして売上構成比の
            8割が3000円以下です。

            ニントは月商1億、10億となればなるほど
            誤差はパーセンテージで見て減ると思います。
            なので年商1億に満たない、かつ低単価商材中心の
            小規模零細のウチでは誤差も大きく感じ、そして費用に対して
            導入の価値は見出せない思います。
            導入するとしても精精せどりアプリで十分かなと。

            >ただしそうなると、利用料金の部分がフォーカスされるのですが。高いですよねぇ笑

            モノに対して確かに高いですよね(笑)
            この費用があればランサーさんにでもなにか販促の仕事が頼めますし。

            思うに開発者さんには失礼ながら大手企業なら自社開発等を
            しているでしょうし、小規模零細では競合他社の「売上データ」
            だけでは割高感があります。
            単価が高めで年商10-50億前後までの中堅企業向けの商品かなと感じました。
            以上失礼しました。

          2. 成尾 より:

            水嶋様

            連投失礼します。
            長文になったなと、肝心のところを削除しておりました。

            >データのソースについては致し方ない部分(中略)
            >今回聞いたお話だと、私が使った時より精度が悪くなっているのか。。。

            この点ですが、私も技術が知りたいというより「吸い出せないものが吸いだせる」
            事に「本当に?」と思った次第で、質問しました。

            そして精度が落ちているという点にハッとしたのですが、憶測ながら
            amazonを提供していないのは、ニント開発陣に吸いだせる技術が無い、
            あるいはamazonが情報の吸出しが困難な仕様、またはamazonはアルゴリズムの
            変化が激しく開発は商業的に困難。といういずれかか?と邪推しています。

            どちらかというと3番目かなと思います。amazonは割と仕様変更が多いです。
            つまり、仮に「精度が落ちている」とすれば、ニントは開発時には楽天とYahoo!
            の吸出しに成功し、満を持して発売したものの、その後楽天やYahoo!も
            仕様変更が行われ、それらの更新に対しては改良を仕切れて居ない可能性も
            あるかもしれませんね。

            実は昔、PC系量販店の派遣店員やハケン会社の請負業務でPCソフトの
            ラウンダー業務をやっていたことがあります。ソフトウェア業界は
            “明らかに長年改良もしていないし新OSの対応チェックのみをして
            パッケージにWindowsXP対応版!として発売し続ける”事が多い業界でした。
            箱物ソフトのメーカーの多くはユーティリティに至るまで
            一度開発したらそれでズルズル飯を食うスタンスが多いです。

            中にはWindows10のこの時代にまでXPの頃からほとんど弄ってない
            メーカーもあったり…。随分仕様変わってるし「説明に偽りはないけど
            オープンソースやフリーソフトのが機能面で追い越してるよ」とか…。

            なにかそれを思い出しました。
            ニントを含めた、この手のシステム業界のことも知りませんし
            ニントがそうだとは言いませんし、最初の話にもあったように
            「継続しなければ」的な事も理解できつつも、なんだかなぁと
            感じざるを得ません。

            自信があるならば、6ヶ月や12ヶ月間は1万円で是非試してください
            とかせどりソフトを潰すぐらいの勢いで攻めて、コレはやめられないと
            ユーザーに思わせてから4万円を請求すれば良いと思います。
            4万円で二の足を踏んでる事業者は多いでしょうし、現状の契約者数は
            知りませんが、数百社から4万円を稼ぐより、2000社増やして桁を変え
            その上で翌年からどれぐらい落ち込んだかで、会社として将来的実力が
            見え、その上でセールスや技術開発も検討課題になると思います。

            私ならこう売りますけどね。1ヶ月や3ヶ月程度のお試しは
            もうユーザーから見透かされてますし…。無料でポイ捨てされるだけです。

コメントを残す

*

CAPTCHA