Amazon(アマゾン)FBAのあまり知られていない便利な機能

今やとてもポピュラーなシステムとなったAmazonのFBA(フルフィルメントbyアマゾン)ですが、単純に商品を発送するだけでなく、他にも少し、あまり知られていない便利な機能があります。

FBA(フルフィルメントbyアマゾン)とは

FBAとは、フルフィルメントbyAmazonの略称であり、Amazon輸入ビジネスを行う個人等のマイクロ起業家にとっては必須のサービスインフラとなっています。FBAに関しては、Amazonが強く推奨している関係もあり、今後はマイクロ起業家のみならず、中小企業にも広く浸透して行く事が予測できます。このFBAですが、このサービスを利用する場合、在庫販売する事が大前提となるわけですが、このFBAではあまり広まっていない便利な機能が数点あります。このコンテンツでは、あまり知られていないFBA(フルフィルメントbyアマゾン)の便利な小技機能を紹介させて頂きます。

 

 

あまり知られていない便利な機能

  • マルチチャネルサービス
  • ラベル印刷機能
  • 検索機能
  • 補充通知

マルチチャネルサービス

マルチチャネルサービスに関しては、すでに多く知られている機能になると思いますが、FBA、つまりAmazon以外の販路で販売した商品を発送してくれる機能になります。もともとはAmazonの箱で発送されてしまうというデメリットがあったのですが、現在では申請する事で、特定のFCの商品に限り、無記載の段ボールで発送をしてくれるようになっているようです。

ラベル印刷機能

ラベル印刷機能は、その名の通り、FBAラベルを印刷できる機能ですが、一枚でも印刷できますので、納品作業中に数量が変更になったり、シールを破いてしまったりしたときに、もしくは、納品番号を作成せずに、シールだけ印刷したいとき等に活用する事が出来ます。

検索機能

FBAではASIN, FNSKU, 商品名,SKUで区別して検索を行う機能があります。そのため、商品を大枠で区別していると、その商品群で検索をかける事が可能になります。具体的にはSKUの親版AにDVD、SKUの親版Bにエレクトロニクスを割り振っている場合、SKU検索でAと記入すると、親版Aのみを検索抽出してくれますので、FBAのDVDカテゴリーのみを抽出する。等と言った事が可能になります。SKUを任意の設定にする事で効果が非常に高くなります。

⇒ SKUの効果的な管理方法

補充通知

選択した商品の適応項目から選択する事ができます。使い方は簡単なので詳しく説明しませんが、この機能では通知する数量の設定を行う事ができます。具体的にいうと、数量を10で設定した場合、商品が売れて残り10個になった時にメールで通知を受け取る事が可能になります。専門用語ではこの数量の事を「定数」と呼ぶのですが、発注から納品までの日数と、その期間に売れる数量を計算して定数を決めます。

具体的には、発注してから納品(実際に販売が可能になるまでの二数)するまでの日数が10日間とします。一日に平均で2個売れる場合10日間で20個販売される事が見込まれます。この場合、定数は少し余裕を持って24個とします。そうすると、在庫が24個になった時点でアラームがなり、発注をします。納品するまでに10日間、その期間に売れる数量が20個、残り在庫4個の段階で納品が完了し、欠品を防ぎつつ、在庫数を適正に保つ事ができます。

⇒ 発注精度を高める

 

FBAマルチチャネルサービスを更に極める

ファイルで依頼内容を作成

FBAマルチチャネルサービスの注文依頼を一括でアップロードすることができます。テンプレートがダウンロードできますので、在庫ファイルと同じ要領で、一括ファイルを作成して、発送の依頼を行なう事が出来ます。下記からダウンロードできるテンプレートは、2015年12月時点のテンプレートです。実際に利用するときは、セラーセントラルから直接ダウンロードしてください。

⇒ FBAマルチチャネルサービス:ファイルのアップロード

 

 

外部のシステムを利用して配送を自動化する

2014年時点では、こういった外部システムは一切ありませんでした。アメリカではすでにeBayの注文を、FBAから自動的に発送するシステムがありましたので、日本でも流行るんじゃないかぁと思ってましたが、2015年10月からサービスが開始されたようです。ここの会社さんは、実は2015年4月くらいに見積もりをお願いした事がありまして、そのときは専用サーバーに、専用システムを構築する方法で、初期費用で10万くらい、月間運用費で10万くらいと言われたのですが、ずいぶんまともな料金設定で運用を開始したようです。

当時の見積もりの段階で、「そういったサービスがあるんですよぉ」という話しをさせて頂き、「それってどこですか?」「それはご自身でお調べ頂けますか?」って流れになってたんですが、実際にサービス開始したようですね。2015年12月時点での料金体系は、従量課金で初期費用無料。1出荷あたり、30円。400出荷までは一律10,000円となっています。

Shippinno(シッピーノ)

 

まとめ

このアラームの設定に関しては、リピート発注のノウハウの一つとして頭の片隅に入れておくと役に立つ事があると思います。アラームはメールで届きますので、転送設定をしておくと、スタッフでも作業が出来るようになります。在庫を沢山持っていて、FBAの納品補充するだけの場合なんかは、アラームを設定して、メールをスタッフに転送するようにすると、作業が自動化しやすいかもしれません。

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA