輸入ビジネスするなら資金繰りは必須です。銀行融資のススメ

輸入ビジネスするなら融資は絶対押さえておいた方が良いスキルです。物販はキャッシュが必要です。キャッシュは事業継続の為の燃料です。ゲームで言えば、ヒットポイントです。無いよりもあった方がいいに決まっています。その資金を増やす為には、銀行融資がとってもポピュラー。

銀行融資は以外とハードルが低いポピュラーな資金調達方法である

銀行融資は難しいんじゃないのか?

融資と聞くと少し難しそうなイメージですが、実際の条件はそんなに難しいものではなかったなぁ、というのが率直な感想です。以外と簡単に借りる事が出来ます。融資自体を、利益が出てから、とか、もう少しレベルアップしてから、と考えるのは、非常に共感できますし、実際に私もそうだったのですが、実際にはちょっと違います。

融資を受けてキャッシュを工面する理由は「前借り」

そもそも融資を受けてキャッシュを工面する理由は、「利益が出てから」という時間的な壁をショートカットする為のものです。利益の前借りです。見込み利益を掲示して説得し、融資を受けるわけです。事業を起こす場合、個人だと一番わかりやすい例は「ラーメン屋」とかです。非常にわかりやすい。この場合、設備投資に非常にお金がかかりますので、脱サラ前に貯金をして、更に融資を受けて独立開業というのが一般的な流れですし、銀行の融資担当の方も、この流れに慣れています。

すでに事業を開始していて利益が出ていればかなり高い評価

事業開始前の融資よりも、すでに事業を行っていて、利益が出ているほうが、相当評価が高いです。ここは実はかなりのポイントになるので、利益が出ているのであれば、融資の検討してみるのは、多いにアリだと思います。

 

具体的な融資話しを進め方

日本政策金融公庫と銀行融資

肝心の融資の内容ですが、有名な「日本政策金融公庫」の他に、「銀行融資」があります。まぁ銀行融資も普通なんですが。日本政策金融公庫は非常に低金利で融資を受ける事が出来ると、多くの方がご存知かとは思いますが、私が初めて利用したのは、銀行融資です。理由は簡単で、銀行融資の方が金利が安かったからです。

地域の新規事業貸付金を活用しよう

普通に銀行から借りると、勿論銀行融資の方が審査も厳しいですし、金利もまちまちですが、銀行融資に関しては、地方自治体から援助が出る事があります。その一つに、「新規事業貸付金」というものがあり、事業開始前、もしくは事業開始直後の事業者に対する優遇制度があります。地方自治体によって、名称も内容も変わりますので、詳しく知りたい場合は、ご自身で「商工会議所」に足を運ぶ必要があります。商工会議所では、融資の相談に来ました!というと、融資担当の方が出てきて、事業内容のヒアリングを行ってくれます。その後、対応できる融資制度の案内があり、必要な書類、データを詳しく説明してくれます。それをメモってあとは用意するだけです。通常1ヶ月程度で融資を受ける事ができます。

優遇精度を利用すれば1%くらいの金利で借り入れが出来る

商工会議所で案内される制度は、地方自治体の優遇制度です。どういうことかというと、融資自体は銀行が行うのですが、銀行が本来取りたい金利を、地方自治体が援助してくれる。という内容になります。だから安いです。私が受けた融資の金利は0.8%です。これに保証会社が入って、総額で1.2%になります。私の場合、保証してくれるような親族がいないので、この保証会社の存在はありがたかったです。可否は別として、頭を下げる事ができる親がいるだけ、ありがたいという事もあります。まずはプライドを捨てて親に頼んでみる。というのもアリかもしれません。私の場合はそれ以前の問題だったので、全部自前でやるしかありませんでしたから。

商工会議所に取り次いでもらったら地方銀行へGO

商工会議所では援助制度の取り次ぎをしてくれますが、実際に融資を行ってくれるのは、地方銀行になりますので、最寄りの地銀に足を運ぶ必要があります。そこで実際の融資の額面や、必要な書類などを再度確認する必要があります。融資の額面に関しては、売上規模や、利益額、キャッシュの量によって左右されますので、直接銀行の融資担当の方とお話をするしかありません。多くの場合は、申請額を多めに申請しておいて、、、という方法のようです。500万と申請して300万貸してもらう。と言った感じです。ただ、500万と言って500万くる場合もあるので、その時は500万を使い切る方法を考えなくてはなりません。

キャッシュが最大になるときの銀行残高で申請する

こういうのは、多少モって話しをするのも大切です。キャッシュに関しては、事業を開始して仕入れを行っていると目減りしますが、Amazonであれば、月に3回入金がある月が年2回ありますので、そのタイミングを狙えば、キャッシュの最大値をアピール出来ます。つまり、ある程度利益を出している場合、ラーメン屋で起業するよりも、相当有利な条件で融資の交渉を進める事ができるというわけです。

実業家ならとりあえず借りておこう

金利で1.2%というのは恐ろしく安いです。300万借りても、月々の利息は3000円ちょっとです。500万借りても5000円ちょっとです。アフォみたい高い金利で、車のローンを組んでいる場合ではないのです。300万ではセダンくらいしか買えませんが、300万あれば、立派な商売が出来る様になります。

まとめ

この商売をやっていると、必ず融資が必要になる時がきます。また融資はなるべく早い方が良いとも言えます。なぜならば、在庫を増やさなければ利益は増えませんし、在庫を増やせばキャッシュが減るからです。この問題に直面すると、安売りをしてでもキャッシュを増やそうと、意味不明の値下げ合戦に突入しだします。Amazonでは特にそれが顕著です。また、融資を受けると、事業に「筋金」が入ります。それはそうです。融資は実際面倒でので、相当なエネルギーを要して事を運ぶ必要があります。そして、お金の大切さと、「たった300万を借りる」ためにどれだけの労力を割かねばならないのかを身を以て体験します。そうすると、安易に値下げなどできなくなるのです。もちろんキャッシュに余裕ができるので、ライバルがいなくなるまで「待つ」という戦略を選択する事も可能になります。つまり、みんなが融資を受けて一回り成長すると、現在の市場がもう少しスマートになるという事です。Amazonで値下げ合戦して赤字になっても価格を下げ続けるとか、アフォの極みですよ・・・実際。
まずはお近くの商工会議所に行ってみましょう。
出来ないにしても、融資を受ける為に道筋を見つける事は出来ます。

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA