Amazonで使うタブ区切りのテキストファイルと、楽天で使うCSVファイルの詳しい説明

Amazonで商品登録を行っていると、遅かれ早かれ「在庫ファイル」を利用することになります。楽天やその他のプラットフォーム、独自ネットショップを運営していればCSVとは切っても切れない関係となります。しっかり意味を理解すれば、今後のビジネスが加速することは間違いありません。

一番初めに理解しておくべきこと

拡張子とファイルの種類

ファイルの一番最後に「.txt」とか「.xlsx」とか「.csv」と書いていると思います。これが拡張子と呼ばれるもので、コンピューターで取り扱うファイルの末尾には必ず何かしらの拡張子がありあます。

テキストファイルを開く時はExcelを使わない

テキストファイルは、基本的には「テキストエディタ」で開きます。Macであれば「テキストエディット」で開きますし、Windowsであれば、メモ帳とかでいいです。とにかく、Excelでそのまま開くのだけは「やめておいた方がいい」ということですが、これは後述します。Windowsのメモ帳は改行されないし、開いたらいきなり文字が画面いっぱいに広がったりするので、拒否反応が出るのも理解できます。しかし、慣れてしまうとテキストエディタで開いた方が楽だったりするくらいです。見やすくするコツもありますし、何より慣れです。慣れるためには「グワッ!」となる気持ちを押させて「読む」しかないです。使いやすいテキストエディタをゲットしておくことをお勧めします。

タブとかカンマが何かを知っておく

タブ(tab)とは、キーボードでは左側の上らへんにあるやつのことです。tab ってボタンがあります。これは「不可視文字」というもので、画面上では見えないようになっています。が、確実にそこに存在します。PCには不可視文字というものが何個かあります。カンマとは(”,”)のことです。CSVファイルをテキストエディタで開いてみてください。「  “,”  」か、「  ,  」が並んでいるはずです。

ネット通販で利用するテキストファイル

タブ区切りのテキストファイル

Amazonのセラーセントラルでは、タブ区切りのテキストファイル、通称 TSV 【 Tab-Separated Values 】を採用しています。今の所この形式を利用しているのはAmazonだけで、他は基本的にCSVを使う傾向にあるようです。CSVは記号文字を取り扱う時に注意が必要なので、使ってみるとTSVの方が使いやすいです。拡張子は「.txt」もしくは「.tsv」となります。Amazonにアップロードするときは「.txt」

CSV

楽天やyahooショッピングなど、国内のネット通販系で採用されているテキストファイルの形式です。「 “,” 」か、「 , 」で区切られており、正式名称はCSV 【 Comma-Separated Values 】 です。タブ区切りテキストファイルと、CSVの違いは、「区切りに利用する文字が違う」ということです。タブかカンマの違いです。人にとっては大した違いではないですが、コンピューターにとっては全く別物なので注意してください。

初心者が陥りがちなCSVあるある

拡張子だけ変更する

上述したように、CSVとTSVは全く違うファイルですから、拡張子を変更してもコンピューターは認識してくれません。コンピューターは、拡張子で「どんなファイル?」なのかを見分けています。拡張子がないとそもそもファイルが開けません。TSVの拡張子をCSVに変更してしますと、ファイルを開いた時に全て一行にまとまってしまいます。区切りとなるカンマがTSVファイルには含まれていませんので、コンピューターは「区切らない」と判断するためです。拡張子をむやみに消したり変更したりするのはやめましょう。

ヘッダーを消してしまう

ヘッダーとは、最初の一行目のことです。よくわからないときは、これが必要か不必要かわからないのですが、基本的にヘッダーは必要だと思った方が良いです。CSVなどをアップロードするとき、アップロードされる側は、ヘッダー情報を元に、ファイルの中身を判別しています。そのためヘッダーがないと理解できず、エラーとして返ってくるのです。

Excelで開いてデータが破損する

テキストディ他で開いてと言われてもですね、テキストエディタでは編集が難しいと。そうなんです。編集はエクセルとかの方がはるかに楽なんです。しかし、やはりそのまま開いてはいけません。テキストファイルを開くときの作法がありまして、Excelの場合は「データのインポート」機能を利用して開くのが作法なんです。Excelには、文字列から自動判別して書き換えるという、便利だけれども厄介な機能がありまして、日付に近い数値や、0から始まる数字だけ文字列などは、最初の0を消したりします。CSVを開くときにはこの機能が致命的で、勝手に修正される事を「データの破損」と呼ぶのです。

保存方法を間違える

Excelが一番一般的ですのでExcelのお話をさせてただくと、保存方法を間違えるということがよくあるようです。慣れていないうちは、Excelで保存しようとしたときに、保存形式がたくさん出てきて、どれを選んだらいいかよくわからないことがあるかと思います。このときは保存形式の右端にある拡張子を確認してください。「.txt」とか「.xlsx」とか「.csv」と書いていると思います。拡張子を理解していれば、ここがすんなりと作業できるようになります。

使いやすいテキストエディタ

Mac

テキストエディット

Macの標準テキストエディタです。標準なんですが実はかなり高性能で、人によってはこれだけでいい!というプログラマーもいるとかいないとか。リッチテキストモードと標準テキストモードの切り替えが可能で、標準テキストモードがとても重宝します。軽く小さく使いやすいため、高機能なエディタを使わなくても良いような場面では、むしろテキストエディットの方を選んで利用しています。

Coda

Coda 2 は有料のMac専用テキストエディタです。超高機能。FTP機能から、タグの自動補完機能、カラピッカーと、ホームページのタイトル通り、衝撃を受けるような使いやすさを実現しているエディターです。背景色を変更し、構文のカラーリングも変更できるので、本当に見やすくなり作業がしやすいです。

Windows

サクラエディタ

サクラエディタはWindowsのテキストエディタではかなり有名なソフトです。使い方もググりやすいですし、無料で使えます。Windowsのメモ帳はかんり昨日不足な点がありますので、最低でもサクラエディタはインストールしておくべきでしょう。

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA