単品通販型に商品を売り込んでいく時に必要な3つの大きな手順

単品通販型に、一つに商品を徹底して販売していく手順が、ネット物販の業界でも旋風を巻き起こしています。転売ばかりやってきてしまっていると、単品通販でどうやるの?となってしまいます。これにも手順は存在しますので、手順に沿ってやっていく事で解決する事ができます。

1・前提条件

市場規模の把握

単品通販というのは、噛み砕いて言えば、一つの商品を徹底的に得るという手法で、わざわざ単品通販といういい方をする必要はないです。ただ、結果的に、一つの商品だけ、めっちゃ売れている。といことです。これを意図的にやれば単品通販と呼ぶのでしょう。大切なのは「買う人」つまりユーザーですから、市場がどういった商品を欲しているか?とまずは調べる必要があります。製品を基準にするのではなく、ユーザーを基準にする考え方を持つ必要があり、これは転売の手法とはまったく逆の考え方になります。

市場規模と言っても、そんなに大したことではありません。ランキング上位の商品で売れてる商品が、どのくらい売れているかチェックするだけです。チェックする方法はたくさんあります。レッドオーシャンに突っ込んでいくことになりますが、レッドオーシャンということは、市場のパイが大きいということになりますので、参入する価値があるということになります。

ランキング1位の商品が、3000円で月に3000個売れているのであれば、マックスで月に900万円の市場規模ということにあります。この半分のシェアを奪えたら、売り上げは月に450万円です。

商品選定

同じカテゴリーでも、製品はたくさんありますので、その中からどれを選択するかになります。もちろんランキング1位の商品と同じ商品だったら良いのですが、商品的に無理だったりするときもあるわけです。それは技術的に現時点では達成できないことだったりするからです。なので、自身でできる最大限の落とし所を選択します。

仕入先選定

商品が決まれば、次に仕入先の選定になります。市場規模を調査すると下記のことがわかるようになります。

  • どういった商品が
  • どのくらいの価格で
  • どのくらいの数量売れているのか

現時点でシェアをとっている商品が売れ続けるのには、ユーザーが納得する理由があるからです。それは、価格であったり機能でああったり様々ですが、総合的、複合的に、現時点で一番支持されているという事なのです。その商品に勝つためには、それなりの理由が必要です。なにか一個で良いので、シェアTopの製品よりも優れている必要があります。それを実現できる仕入先を選択する必要があります。難しいのは、値段だけでは意味がないという事です。

2・販売準備

輸入・仕入れ

まずは仕入れます。サンプルを最初に仕入れて商品ページを作るも良いです。本格的に仕入れを発生させる前に、テストマーケティングを行うのが良いですが、そのへんは製品や、財務状況によっても変わってきます。輸送コストも、今後製品を販売していくのに大いに影響しますから、海上輸送にするのか、航空便にするのかも考える必要があります。

発送手段の確保

ネット物販ですから、商品を発送にする必要があります。Amazonで商品ページを作って、FBAに納品するも良いですし、自社で発送するも良いですが、とにかく販売開始する前に商品を発送する手段を確保する必要があります。

販売ページの制作

いわゆるLPと呼ばれる縦長商品ページの制作を行います。縦長が良いというわけではなく、情報が多い必要があって、情報を多くしたら縦長になってしまった。という感じなんですが、もう本当に研究され尽くされている分野でもありますので、セオリーに沿って制作していくのが良いかと思います。多少汚くても、情報がしっかりしていれば売れます。

販売ページの制作方法

3・販売開始

導入期

頑張ってここまで到達しましたら、そりゃあもうすぐに儲けたい!と思われるでしょうか、もともと知名度のに商品を売り込む場合は、導入期にマーケティングコスを大量に消費する必要があります。つまり広告費だったり、レビューを書いてもらうためのサンプル発送費用だったり、とにかく販売を軌道に乗せるまで、赤字でも頑張るのがこの時期です。一番手っ取り早いのは、価格を下げて商品を大量に売る事です。

成長期

例えば、シェアを獲る気でやっていて、シェアを獲れたら毎月50万円の粗利が出るとしましょう。最初の1ヶ月頑張って広告費を色々な所に、100万投資したらシェアを獲得できるのであれば、3ヶ月目から黒字です。3ヶ月目からはシェアも獲れているし、販売も安定しててきたとしたら、このタイミングが成長期と呼ばれるものです。ただし、競合も頑張って売り込んできてますから、何もしないでウカウカしていると、シェアを奪取されてしまうかもしれませんね。

 

まとめ

一番大切なのは、市場規模の把握です。どんなに頑張っても市場規模が10万なら、10万しか稼げません。散々調べた結果「やらない」という選択肢も出現するかもしれまん。ただ、10回やって9回失敗する事なんてザラですから、やらないほうが資金は流出しません。また、軌道に乗せるまではそれなりに長い道のりです。速攻で儲けたいなら転売の方が向いています。自身の性格ややりたい事に合わせて投資してみる事をおすすめします。

物販日記に会員登録しませんか?

物販は情報が命。

知っているか知っていないか。それだけの事が大きく結果を変えてしまう事があります。しかしブログでそのまま公開するには破壊力がありすぎるのです。会員限定公開記事ではそういったディープな記事を公開しています。結構マジでやってます。ふざけた名前で登録している場合は、予告なくメンバー登録を削除します。

会員登録は無料です。

 

無料会員登録

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Kazuma Ninja より:

    現在、EC系のメディアを運営しておりますが、そちらに寄稿(もちろん有料)頂く事は可能でしょうか?

    1. 水嶋 より:

      はい。寄稿可能です。メールにてご連絡いたしますね。

コメントを残す

*

CAPTCHA