経営

輸入ビジネスとか物販やってたらtrello(トレロ)使わないとマジで損してると思う

輸入ビジネスとか物販やってたら、複雑なフローを管理する局面で、どうやって情報共有するか?その方法と、導入するべきツールに本当に迷ってしまう時があります。そんなとき、ぜひとも導入して頂きたいツールがtrello(トレロ)です。運用管理という面で、絶大な効果を発揮する上に、どんなスタッフでもカンタンに使えるのでとても重宝します。しかも無料です。 続きを読む

OEM単品通販は「損益分岐点」を明確にしよう

楽天を始めると、単品をむちゃくちゃ売っている店舗に出会います。楽天はOEM単品通販にとても適した場所で、「楽天ドリーム」目指して水嶋も頑張っています。OEM単品通販は、その場しのぎや、何となく販売ではなく、しっかりとした戦略が求められます。まずは、利益がきちんと確保できるよう、売上目標を作成するために、損益分岐点を知る必要があります。

続きを読む

輸入ビジネスの節税方法

輸入ビジネスは儲かります。同時に税金も多分に必要になります。皆さん気が早いので、輸入ビジネス月利50万くらい儲かり始めると「節税」という事を意識するようになってくるのではないでしょうか?

続きを読む

従業員の出勤・退勤の管理はGoogleスプレッドシートで管理すると便利です。

従業員を雇用すると、必ず必要になるものの一つが「タイムカード」です。水嶋は雇用開始当初、無くてもなんとかなるだろう的な間隔で開始したのですが、これはダメダメでした。経営者は雇用主としてキチンと管理する必要があります。Gooleスプレッドシートなら、導入コストもかかりませんし、直接時間が記入されるので集計もとても楽です。

続きを読む

従業員を雇用した際に一番最初に行う大切な事

面接には時間をかけて、じっくりと採用するべきです。そしてじっくりと採用した人でも、採用直後は厳しく接して反応をじっくりと観察するべきです。とりわけ一番最初に行う大切なことは、面接や試用期間を大切にするということでした。

続きを読む

輸入ビジネスするならメインバンクはどこを選択するか

輸入ビジネス開始当初はメインバンクをどこにしようか?なんて考えませんでした。とりあえず今使ってる口座!的な軽い感じで決めていましたが、今思えばこれも最初から決めておけば良かったです。

 

メインバンクは地元の銀行「地銀」の一択です

最終的に口座は2つあれば良いです。メインバンクにする地銀とサブバンクにするネットバンクです。最寄りの地銀と、楽天銀行がおすすめです。

 

 

なぜ地銀なのか?

理由はとても簡単で、融資を視野に入れた際に有利になるからです。融資は基本的に地銀から都合してもらう事がほとんどで、ほかをメインバンクにしていても融資をうけるのであれば最終的には地銀になります。

 

地銀は基本的に選べないと思った方が良いです。融資を受ける場合は、「制度融資」というのがあって、普通は銀行から融資を受ける事が出来ないような企業でも融資してもらう事が出来ます。

 

また制度融資は非常に金利が優遇されており、2%以下になる事が多いですが、事業所の住所の最寄りの地銀という事になるので、近い所、というのが条件です。

 

地銀でも何種類があると思うので、そこはその銀行の規模で選択するがおすすめです。あまり小さいと、融資をあまりやってなくて、近くの別の支店が担当になったりします。

 

 

給料の振込にも活躍する!

もしもあなたの事業所が雇用をするのであれば、パートや社員は地元の人という事になるでしょう。都心で事業所を構えるのであったと地域に差はありません。

 

ですから、入社時に給料振込用の口座を地銀で作成してもらえば良いのです。入社後だとなかなかやりませんが、入社時であれば入社までにきちんと作ってきます。そうすれば給料の振込は同行間という事で安いか無料になります。

 

振込手数料の削減だけではなく、従業員の口座もその支店で作ってもらえば、銀行担当者へのアピールにもなりますので、非常に費用対効果が良いと思っています。

 

 

サブバンクを楽天銀行にする理由とは?

サブバンクは楽天銀行がおすすめです。地銀は融資の実行の際にお世話になるので必須と言えますが、いかんせん、振込手数料が高額だったり、ネットからの操作性が悪い事が多いです。

 

その点、楽天銀行は非常に使いやすく、振込手数料も非常に安いです。法人用の口座でしたら海外送金の手数料も非常に安く、利用頻度は一番高いと言えます。

 

仕入れの規模が大きくなってくると、直接口座に振り込む事も発生してきます。そのとき楽天銀行法人口座の、海外送金機能は非常に強力なアシストをしてくれます。

 

楽天市場の出店を視野に入れる

楽天市場は、今でも日本最大の流通額を誇る、日本最大のECショッピングモールです。ネット通販で売上を拡大するのであれば、楽天での出店は避けて通る事は出来ません。

 

楽天で出店する際、売上の振込先口座は楽天銀行を指定されます。それも法人口座である必要があります。楽天は法人が出店する事ができ、振込先の口座は名義が一緒である必要があるからです。

 

よって、順調に事業が成長していけば、必ず楽天銀行法人口座は作成する必要が発生します。であれば最初から作成しておいて、統一すれば良いというわけです。

 

 

メインバンクは最寄りの地銀・サブバンクは楽天銀行

輸入ビジネスでも資金繰りは必ず直面する経営上の試練です。融資という選択はその解決策として非常にポピュラーですので、地銀をメインバンクにするメリットは非常に大きいと言えます。

 

振込手数料や、楽天出店、操作性、海外送金を視野に入れてサブバンクは楽天銀行にするのがベストと言えます。最初から法人を作るのであれば、もう言うことなしです。

 

あなたならメインバンクはどこを選択しますか?

粗利率の計算方法と、ROI(投資対効果)の計算方法

今月はどのくらい儲かったんだろうか?実は多くの場合、いくら儲かったか良くわからない状態でビジネスをしているのが、輸入ビジネスの業界の特徴です。よくわからないというのは、そもそも計算していないか、計算の方法がわからないか、客観的に見た場合に計算方法が人によって違うという事があるともいます。明確な指標を理解できると、安心してビジネスを行うことができます。

続きを読む