amazon

ベンダーエクスプレスの4つの長所とセラーセントラルの4つの長所

ベンダーエクスプレスが一般公開されて、いわゆる一般セラーでも、アマゾンに商品を卸して販売できるようになりました。こうなると、もうベンダーでやるしかないよね!?的な考えになるのですが、実際やってみて一長一短があり、むしろセラーセントラルの方が良いなと感じた次第です。

続きを読む

Amazonのセラースコアを高めてカート確率を向上させる効果的で唯一の方法

Amazonで売上を大きくするためには、カートボックスの獲得は非常に大きな要因です。Amazonのカートボックスを獲得するための数値基準は公表されていませんが、要因は公表されておりどれも意図的に向上させることが可能です。その中でも、多くのセラーが取り組みにくく、かつ効果的な手法が存在します。

続きを読む

Amazonで使うタブ区切りのテキストファイルと、楽天で使うCSVファイルの詳しい説明

Amazonで商品登録を行っていると、遅かれ早かれ「在庫ファイル」を利用することになります。楽天やその他のプラットフォーム、独自ネットショップを運営していればCSVとは切っても切れない関係となります。しっかり意味を理解すれば、今後のビジネスが加速することは間違いありません。

続きを読む

Amazonや楽天で売上を上げるために覚えておきたい基本的な事

売上を上げる為に方法は沢山ありますが、根本的な所は結構一緒です。最初のうちは、とりあえずがむしゃらにやる方がおすすめですが、スランプに陥ってしまったり、継続的にアクションする為に、何を指示したら良いかわからなくなってしまった時などは、一度基本に立ち返ってみるのも良いと思います。はじめから方程式を学んでも、頭でっかちで何も出来ない君になってしまいそうですが、いざスタッフに教えるときは、基本を理解していた方が教えやすいです
続きを読む

OEM単品通販のメリット「価格決定権を得る」

OEMした商品は、基本的にオリジナル製品ですから、価格決定権を得る事が出来ます。逆に価格決定権を得る事が出来ないOEMは行なうべきではありません。ロットだけ増えてしまい、リスクが増えるが、リターンが得られないからです。

続きを読む

amazon スポンサープロダクト広告 の表示順位アルゴリズムを探求する

amazonスポンサープロダクト広告に関しては、あまり多くの広告業者が存在しない印象です。しかし、amazonで販売する限り、最もCVRの高い広告媒体であることは言うまでもなく、多少CPCが高かったとしても、CPAは非常に安く抑えることが出来るでしょう。では、具体的にどういう目的を持って、どの様に運用すれば得たい結果を得ることか? それが問題です。

 

この記事は定期的に変化する広告アルゴリズムに合わせ記事をアップデートします。

続きを読む

Amazon広告・キャンペーンマネージャーの設定方法「キーワードの収集と追加方法」

Amazonの広告・キャンペーンマネージャーで、マニュアルターゲティングの追加編集・修正方法です。今回のコンテンツは、水嶋のやり方でやっていますので、過去記事をご覧になっていない方は、過去記事をご覧になってから閲覧して下さい。重要なポイントは、SKUでキャンペーン名を設定していくという事です。

続きを読む

Amazon広告・キャンペーンマネージャーの設定方法「マニュアルターゲティング」

Amazonの広告には、キーワードを自動で収集して最適してくれる「オートターゲティング」と手動でキーワードを個別に登録する「マニュアルターゲティング」の2種類があります。マニュアルターゲティングでは、出稿したいキーワードだけを絞って広告を出せますので、より効果的な広告を出稿する事が可能ですが、細かい修正が必要になります。まずはマニュアルターゲティングの基本的な設定方法です。

続きを読む