OEM

OEM単品通販は「損益分岐点」を明確にしよう

楽天を始めると、単品をむちゃくちゃ売っている店舗に出会います。楽天はOEM単品通販にとても適した場所で、「楽天ドリーム」目指して水嶋も頑張っています。OEM単品通販は、その場しのぎや、何となく販売ではなく、しっかりとした戦略が求められます。まずは、利益がきちんと確保できるよう、売上目標を作成するために、損益分岐点を知る必要があります。

続きを読む

OEM単品通販のメリット「価格決定権を得る」

OEMした商品は、基本的にオリジナル製品ですから、価格決定権を得る事が出来ます。逆に価格決定権を得る事が出来ないOEMは行なうべきではありません。ロットだけ増えてしまい、リスクが増えるが、リターンが得られないからです。

続きを読む

輸入ビジネスでOEMする時のポイント

OEMの魅力は今さら語るまでもありません。輸入ビジネスを行っていれば、欧米輸入であろうが、中国輸入であろうが、だれでも魅力を感じ、実践を試みる「戦略」です。中国輸入ビジネスが非常に進化してきた事もあり、今後更にOEMを取り入れていくセラーが増えると予測できますので、水嶋の会社で実践して失敗した事や成功した事を元に、コンテンツを作成したいと思います。

続きを読む

Amazon広告・キャンペーンマネージャーの設定方法「設定値の意味」

Amazonでも広告を打つ事ができます。Amazonの広告管理システムの呼称は「キャンペーンマネージャー」です。初めて触る人には使い方がよくわかりません。あげくAmazonは何にも教えてくれません笑水嶋もしばらく意味が分からず使っていましたが、最近やっと意味が分かってきたので「私の悩みはあなたの悩み」という事でコンテンツにしたいと思います。

続きを読む

OEMでコストダウンに繋げる小技「ラベル編」

輸入ビジネスをしていれば、だれもが憧れる高利益、高利益率、独占販売、それらを可能にする「OEM」という手法。とくに中国等の「生産」を得意とする国から輸入している場合は必ず視野に入れるべき手法であり、今後はよりポピュラーになってくるで販売戦略です。

続きを読む