楽天市場

Amazonで使うタブ区切りのテキストファイルと、楽天で使うCSVファイルの詳しい説明

Amazonで商品登録を行っていると、遅かれ早かれ「在庫ファイル」を利用することになります。楽天やその他のプラットフォーム、独自ネットショップを運営していればCSVとは切っても切れない関係となります。しっかり意味を理解すれば、今後のビジネスが加速することは間違いありません。

続きを読む

Nint(ニント)を使った売れてる楽天ショップの売上分析結果

楽天は伸び白が半端じゃない、単品通販天国です。何年か物販やってみて思ったんですが、私の場合、キャッシュフローがギリギリの商売は、正直「嫌」でした。収益性が高く、継続的に取り組める仕事じゃないと、今後もっともっと、胃がキリキリしちゃいますので、どうしよっかなぁと考えていた所、Nintってツールの存在を知って、楽天の有名店舗を分析する機会がありました。今回コンテンツはその分析ツールを使った分析結果です。

続きを読む

Amazonや楽天で売上を上げるために覚えておきたい基本的な事

売上を上げる為に方法は沢山ありますが、根本的な所は結構一緒です。最初のうちは、とりあえずがむしゃらにやる方がおすすめですが、スランプに陥ってしまったり、継続的にアクションする為に、何を指示したら良いかわからなくなってしまった時などは、一度基本に立ち返ってみるのも良いと思います。はじめから方程式を学んでも、頭でっかちで何も出来ない君になってしまいそうですが、いざスタッフに教えるときは、基本を理解していた方が教えやすいです
続きを読む

ほとんどのデザイナーがやってくれない、ランディングページを作る時に上手にデザインする具体的な方法

ほとんどのWEBデザイナーは、たいして仕事しません。というとかなり語弊がありますが、ネット通販系の商品ページを製作する業者さんで、まともに仕事する人って少ないです。そもそもネット通販系の事業者がデザインわかってないから、デザイナーだって、クライアントさんがわからにような細かいところにこだわる必要がないんですよね。そのためにわかっておいた方が良いポイントをご紹介。

続きを読む

楽天縦長LPランディングページの12個の構成

ランディングページの制作は基本的に外注するのが良いです。しかし、何も知らないで外注しても、良いものなんて絶対に出来ません。ランディングページの「構造」はすでに研究され尽くされていて、大方決まっています。構造を理解して、自社の製品を落とし込む事が出来れば、良いものは自然と出来上がります。

続きを読む

OEM単品通販は「損益分岐点」を明確にしよう

楽天を始めると、単品をむちゃくちゃ売っている店舗に出会います。楽天はOEM単品通販にとても適した場所で、「楽天ドリーム」目指して水嶋も頑張っています。OEM単品通販は、その場しのぎや、何となく販売ではなく、しっかりとした戦略が求められます。まずは、利益がきちんと確保できるよう、売上目標を作成するために、損益分岐点を知る必要があります。

続きを読む

OEM単品通販のメリット「価格決定権を得る」

OEMした商品は、基本的にオリジナル製品ですから、価格決定権を得る事が出来ます。逆に価格決定権を得る事が出来ないOEMは行なうべきではありません。ロットだけ増えてしまい、リスクが増えるが、リターンが得られないからです。

続きを読む