水嶋数馬について

自己紹介

当ブログをご覧頂きありがとうございます。管理人の水嶋です。

物販日記では、水嶋の会社で経験した失敗や成功体験を元に、初級者から中級者に向けた内容の記事を配信させて頂いております。配信内容はテクニカルな内容から、事業を行っていく上で遭遇するトラブル、しょうもない話だったり、役立つ内容だったり、愚痴だったりを綴っています。

販路は主にインターネット通販となっていますので、Amazonや楽天での販売に関するノウハウが中心です。ネットショップは不得意ですので、ネットショップ関するノウハウは期待せぬようお願いいたします。

 

水嶋は、2013年から起業して物販を行っています。成長速度はあまり早い方でもなく、また多くの挫折や失敗を経験してきましたが、現在まで継続して事業を行う事が出来ています。2015年11月で会社も2期を終え、12月からは3期目に突入し、年商は一億強となりました。今後は年商ベースではなく、収益を強化できる事業内容に転換していき、より強い会社を創っていきたいと思っています。最近没頭している事業は、OEMの単品通販です。事業の目標、Exitは、事業売却と設定してます。

 

 

よくある質問

Q:本名ですか?

A:ペンネームです。

Q:コンサルティングできますか?

A:場合により対応可能です。お問い合わせください。下記の要件を満たす必要があります。

  1. 御社名を含む身分証明は必須です。正式にお受けする場合のみ、水嶋も身分の開示を行いコンサルタントとして正式にお仕事を引き受けさせていただきます。
  2. 商品調達資金が300万円以上(融資含む)用意できる事。
  3. 作業時間を日に4時間以上確保できる事。
  4. ローンチ直前は最大の繁忙期。昼夜を問わず作業する覚悟は必要

Q:売り上げの証拠画像ください

A:意図的にそういった権威付けを行なっておりません。本当の情報の価値をわかっていただける方のみ、購読していただいたら結構です。

Q:得意分野はありますか?

A:Amazon、楽天でのガジェット系商品の販売を得意分野としています。無在庫販売や、データベース構築、ツール系、効率化、外注化、OEM等能力が、一般よりも能力が高いかと思います。

 

自己開示

モットー

人に厳しく、自分にはもっと厳しく

人はぬるま湯では成長しないから

この世の全ての不利益を

自分以外の責任にすれば楽

しかしそれでは前に進めない

厳しさとは何なのか?

厳しさは優しさと同義。

同調されればその人を好きになるでしょうが

それは決して優しさとは限らない。

極めて外弁慶な性格で

言った後に後悔する

しかし人に嫌われることには躊躇しない。

好かれないくらいな

嫌われる方がまだマシ

■ 女性好き

とにかく惚れっぽい

優しくし過ぎてしまうので増長してしまう

よってわざと厳しくする

女性に向かって本当のことは一切言わない

女性のとの間に友情は存在しない

女性が好きでないと言う男は信用しない

男は死ぬまで現役

枯れたと言う前に鍛えろ

70歳から咲く恋愛もある

(私の爺様のこと爆)

ビジネスと恋愛には共通点しかない

回復思考

分析原因発見解決策この流れを楽しむ

しかし同時に他人のアラをほじくり返す

という負の面も持ち合わせている

議論好き、批判好き

底に潜む要因をみつけ

要因を根絶することに喜びを感じる

物事を本来の動きに戻すことが好き

達成欲

何かを成し遂げたいという欲求

毎日ゼロからのスタートのように感じ

具体的な何かをしないと満足しない

論理的で強制的に目標に突き進む

即断即決即実行

しかしどこまでも満たされない

自我(エゴ)

他人の目に重要人物だと映るのが好き

認められたい、聞いて欲しい、目立ちたい

知られたい、そして評価されたい

仕事を自身の人生そのものにしたい

信頼でき

プロフェッショナルであり

成功している人として尊敬されたい

そういう人とだけ付き合いたい

もしそうでないと

そうなるまで圧力をかける

そうならないのであればその人は置いていく

経営者なんてみんな同じ

戦略思考

起こりうる可能性のある危険を察知する

不測の事態に備えた対策を事前に考える

全てのものに意味があり

一つ一つをたどってどこに終着するか考える

考えすぎだと一蹴される

学習欲

とにかく学ぶこと、成長する事が好き

学んでいくプロセスが好き。

事実に興奮し、復習し、習得し自信とする

着実で計画的なプロセスで学びたい

学ぶ分野は問わない

ディスカバリーチャンネルをよく見る

あとはドキュメンタリー

運という大きな流れ

運というものを信じる

大きな何かを成し遂げるために

最も必要なものは運であると感じる

しかし

どこまで行っても運は運。

運を受け止めるには器が必要であり

器を広げるには努力が不可欠である

子の叱り方

怒ると叱るをきちんと分ける

叱るは躾。瞬間湯沸かし器のごとく叱る

細かいことは言わない。ゲンコツ一撃。

叱ったとは1秒で笑顔(*^-^)。これが大事

最も重要なのは「だって」と言わせないこと

最初のお返事は「はい、わかりました」

理由はその後で良い。でないと後世大変

ボス「中田くん、これやっといて」

子供「え?なんですか?理由はなんすか?」

となるでしょう。いや、ならない?笑

なるよ!

子の育て方

親の意識に染め上げる育て方を嫌う

放任主義で子の意思を育みたい

子の「やりたい」の意思を大切にする

そのためには「辞めたい」も重要になる

そして忍耐と資金が必要である

親が味方してくれない子は不幸である

私の葬式で「父はいつも私の味方でした」と

そう言われる父でありたい。

「何があっても味方だよ」と

私が死ぬまでずっと、そう伝えたい。

愛情

家族や友に共通する感情は「愛」である

愛は与えるものであり行動であり態度である

決して対価を求めるものではない。

対価なしで愛せないのであれば

それは愛以外の何かである。

人は自分自身以上に他を愛せない。

他を愛するためには自身を愛する必要がある

努力し、達成し、自身を愛する事ができれば

自身の努力で器を大きくできれば

より多くの愛で他者を包むことができる。

そのために、全力で己の自我(エゴ)を満たす