Amazon輸入

中国等の東南アジアを輸入元に輸入ビジネスする時は関税が安くなる「 特恵関税制度」を活用すると関税が安くなる

中国等の東南アジアを輸入元に輸入ビジネスする時は、関税が安くなる「 特恵関税制度」を活用すると関税が安くなる事があります。税率は、輸入する商品や、輸入元の国よって異なりますが、もしかしたら、現在輸入する時に、少し工夫するだけで関税が安くなるかもしれません。 続きを読む

輸入ビジネスでコストダウンしようと思ったらコンテナで海上輸送するのが一番早い

輸入ビジネスでコストダウンしようと思ったらコンテナで海上輸送するのが一番早いです。欧米輸入でも、中国輸入でも、輸入元の国に限らず、海上輸送すると圧倒的にコストダウンする事が出来ます。とはいえ、零細企業ではなかなかハードルが高いのが現状のようです。実際殿くらいお得に運べてどのくらいやる価値があるのでしょうか?

続きを読む

トーキョーインターナショナルギフトショー(展示会)の出展のために見積もりとった所いろいろ

トーキョーインターナショナルギフトショー(展示会)の出展準備もなかなか進んで参りました。情報発信をするような企業様の出展は少ないですから、ネット上にまとめ情報が少ない分野です。今回はトーキョーインターナショナルギフトショー2016春への出展リサーチ情報をまとめます。

続きを読む

楽天縦長LPランディングページの12個の構成

ランディングページの制作は基本的に外注するのが良いです。しかし、何も知らないで外注しても、良いものなんて絶対に出来ません。ランディングページの「構造」はすでに研究され尽くされていて、大方決まっています。構造を理解して、自社の製品を落とし込む事が出来れば、良いものは自然と出来上がります。

続きを読む

OEM単品通販のメリット「価格決定権を得る」

OEMした商品は、基本的にオリジナル製品ですから、価格決定権を得る事が出来ます。逆に価格決定権を得る事が出来ないOEMは行なうべきではありません。ロットだけ増えてしまい、リスクが増えるが、リターンが得られないからです。

続きを読む

amazon スポンサープロダクト広告 の表示順位アルゴリズムを探求する

amazonスポンサープロダクト広告に関しては、あまり多くの広告業者が存在しない印象です。しかし、amazonで販売する限り、最もCVRの高い広告媒体であることは言うまでもなく、多少CPCが高かったとしても、CPAは非常に安く抑えることが出来るでしょう。では、具体的にどういう目的を持って、どの様に運用すれば得たい結果を得ることか? それが問題です。

 

この記事は定期的に変化する広告アルゴリズムに合わせ記事をアップデートします。

続きを読む

輸入ビジネスでOEMする時のポイント

OEMの魅力は今さら語るまでもありません。輸入ビジネスを行っていれば、欧米輸入であろうが、中国輸入であろうが、だれでも魅力を感じ、実践を試みる「戦略」です。中国輸入ビジネスが非常に進化してきた事もあり、今後更にOEMを取り入れていくセラーが増えると予測できますので、水嶋の会社で実践して失敗した事や成功した事を元に、コンテンツを作成したいと思います。

続きを読む